« 医療事故 | トップページ | 医療事故3 »

2007年3月28日 (水)

医療事故2

リカバリールーム(経過観察室)へ連れて行かれ、
術後説明がその間にあったそうです。

まあ、この時点で特に(?)問題はなかったのです。

リカバリー室で寝ていると
看護師さんがやってきました。

看護師「3時間ほどで麻酔も切れますから、切れたら体を起き上がらせる練習をしましょうか」

3時間で切れるのか・・・・早いな・・・

と、思っていました。
しかし、3時間たってもまったく右下半身は動きません。左下半身は少し動く程度。

看護師「麻酔切れてきた?」

私「切れてないんですけど」

看護師「傷痛む?」

私「痛いです。」

看護師「じゃあ、切れてるから体起こしましょうね。」

切れてないって言っているのに、無理やり起こします。

体を起こしたとき、

頭に激痛が走り、目の前はぐにゃぐにゃに曲がり、
息ができなくなりました。

看護師さんが何やらしゃべりかけていましたが、
息もできず、何も聞こえなくなりました。

異常を感じた家族が再び私を横にすると、
少しずつ呼吸ができるようになりましたが、
激しい頭痛と、めまい、吐き気、動悸が私を襲います。

ようやく看護師さんの声が耳に入るようになり、

看護師「どうしたの?痛かった?やっぱり麻酔が切れてきてるから痛いわよね。でも、先生は動いていいって言っているからなるべく動きましょうね。」

と、言います。

でも、前回帝王切開したときとは全く様子が違い、
傷の痛みとかそんなのではなく、
何かがおかしいと感じ始めました。

でも、そのときは、看護師さんも私も、そして主治医も、
麻酔を多量に使いすぎたせいだろうと思っていました。

でも、違ったのです。

そして、退院予定日、

その日になっても私は下半身がほとんど動かず、
激しい頭痛、めまい、吐き気と戦っていました。

主治医や看護師は麻酔の後遺症でしょう。
家で養生してください。
ベットも満床ですから、退院で。

と、言われ、硬膜外に挿管したチューブ、点滴をはずしました。

でも、一人で歩けない、5分体を起こすだけで
激しい頭痛、めまい、吐き気を起こして、
食事も取れていないのに退院?

そんな馬鹿な・・・!!

すると実母が主治医に食い下がりました。

すると、主治医は、

主治医「じゃあ、麻酔科医に診てもらいましょう退院はその後で。」

と言い、

麻酔科の受診が決まりました。

そして、この麻酔科の受診でミスが発覚しました。

ああ・・・・予定より長くなっちゃいました。
多分次で終わると思います(^^;)

|

« 医療事故 | トップページ | 医療事故3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178135/14434910

この記事へのトラックバック一覧です: 医療事故2:

« 医療事故 | トップページ | 医療事故3 »