« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

医療事故3

土日を挟んでいたので受診はその後となった。

その間、主治医と看護師はできる限り、起きていて、
歩く練習をしないと、大変なことになりますよ。
(癒着や、筋力低下など)
と言い、どうしても我慢できなくなるまでは起きているように
指示された。

なので、がんばって起きていたが、多く見積もってももつのは10分。
それを超えると、激しい頭痛、めまい、吐き気に襲われた。

そして、麻酔科受診。先生は手術のときとは違う先生でした。
そこで言われたのは・・・

「低髄液圧症候群」
http://members.at.infoseek.co.jp/teizui_file/

「硬膜外麻酔の管を入れるまたは抜く際に硬膜を傷つけ、髄液がもれ出て、起きたと考えられます。しかも、本来ならば絶対安静なのに、起き上がったり、歩いたせいで悪化しています。」

と、信じられないお言葉。

「これを治すには2つの方法があります。
1つは、ブラッドパッチという、手術を行うこと。ただし、リスクとして失敗すれば不随になったり、背中を切開して脊髄の手術が必要になることもあります。でも、成功すれば、みるみる痛みはなくなります。
もう1つは、自然治癒を待つ。様は、傷を負って髄液が漏れ出ているわけですから、かさぶたになるのを待ち、髄液圧が正常に戻るのを待つか・・・これには1~2ヶ月かかります。」

とのこと。

私「つまり・・・失敗したということですか?」

「そうですね・・・でも、それだけではここまでひどくなりません。動き回ったのがさらに悪化させたのです。」

つまりは擦り付け合い。
カルテが病棟へ戻ってからは代わる代わる謝りに来る関係者。
しかも言い訳が・・・
☆こんなことは今まで起きたことがなかったからわからなかった。
☆動いちゃいけないなんて知らなかった。普通は動かないといけないから・・・
☆主治医の指示だったから・・・
☆低髄液圧症候群を知らないから、これからは麻酔科医の指示で治療しますね。

などなど。

でも、肝心の麻酔科医だけは最後まできませんでした。

しかも、予定よりもかなり多くの医療費の請求もされ、
踏んだりけったり。

結局私はヘタレなので、手術はせずに自然治癒を待つことにしました。

なので、いまも頭痛、めまいは続いています(涙)

低髄液圧症候群というのは、あまり知られていない病気のようです。
なって初めてわかりますが、本当につらい。
たかが頭痛、
されど頭痛。

頭は大事です。

今は感染症に気をつけながら頭痛、めまい、吐き気と戦っています。

ここで一口メモ!
髄液を増やすにはカフェインが必要とのこと。
なので、可能な限りチョコレートを食べ、コーヒー、お茶は1日1.5リットル以上は採ること!だそうです。(麻酔科医談)

もしかして、頭痛持ちのあなた、
「低髄液圧症候群」かもしれないですよ・・・?
※本当は怖い家庭の医学風でヨロシク♪

そんな感じで現在進行形で苦しんでいる私。

これって、過誤?事故?よくわからん。

長い間愚痴におつきあいいただきありがとうございます。
明日からは通常日記にもどりまーす(^^*)

でも、医療費は頭きた。

せめて免除にしてよーーー!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

医療事故2

リカバリールーム(経過観察室)へ連れて行かれ、
術後説明がその間にあったそうです。

まあ、この時点で特に(?)問題はなかったのです。

リカバリー室で寝ていると
看護師さんがやってきました。

看護師「3時間ほどで麻酔も切れますから、切れたら体を起き上がらせる練習をしましょうか」

3時間で切れるのか・・・・早いな・・・

と、思っていました。
しかし、3時間たってもまったく右下半身は動きません。左下半身は少し動く程度。

看護師「麻酔切れてきた?」

私「切れてないんですけど」

看護師「傷痛む?」

私「痛いです。」

看護師「じゃあ、切れてるから体起こしましょうね。」

切れてないって言っているのに、無理やり起こします。

体を起こしたとき、

頭に激痛が走り、目の前はぐにゃぐにゃに曲がり、
息ができなくなりました。

看護師さんが何やらしゃべりかけていましたが、
息もできず、何も聞こえなくなりました。

異常を感じた家族が再び私を横にすると、
少しずつ呼吸ができるようになりましたが、
激しい頭痛と、めまい、吐き気、動悸が私を襲います。

ようやく看護師さんの声が耳に入るようになり、

看護師「どうしたの?痛かった?やっぱり麻酔が切れてきてるから痛いわよね。でも、先生は動いていいって言っているからなるべく動きましょうね。」

と、言います。

でも、前回帝王切開したときとは全く様子が違い、
傷の痛みとかそんなのではなく、
何かがおかしいと感じ始めました。

でも、そのときは、看護師さんも私も、そして主治医も、
麻酔を多量に使いすぎたせいだろうと思っていました。

でも、違ったのです。

そして、退院予定日、

その日になっても私は下半身がほとんど動かず、
激しい頭痛、めまい、吐き気と戦っていました。

主治医や看護師は麻酔の後遺症でしょう。
家で養生してください。
ベットも満床ですから、退院で。

と、言われ、硬膜外に挿管したチューブ、点滴をはずしました。

でも、一人で歩けない、5分体を起こすだけで
激しい頭痛、めまい、吐き気を起こして、
食事も取れていないのに退院?

そんな馬鹿な・・・!!

すると実母が主治医に食い下がりました。

すると、主治医は、

主治医「じゃあ、麻酔科医に診てもらいましょう退院はその後で。」

と言い、

麻酔科の受診が決まりました。

そして、この麻酔科の受診でミスが発覚しました。

ああ・・・・予定より長くなっちゃいました。
多分次で終わると思います(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

医療事故

何とか手術も終わり、退院してきました。

でも、実は今回、医療事故を起こされました。

本来ならば、2日で退院できるはずだったのに、かなりの日数がかかってしまいました。

今回、お腹にあるできものを取る手術だったので、

硬膜外麻酔」をし、適宜「局所麻酔」を足していくという麻酔説明がありました。

承諾書にサインをし、いざ手術室へ。

「硬膜外麻酔」をするに当たって、腰に痛み止めを射ち、

管を脊髄の中へ挿管します。

そのときに左腰へ激痛が!!

私「痛い!!」

麻酔科医「え?痛い?ごめんなさい。ちょっとまってね」

ごそごそ・・・

麻酔科医「これは?」

それと同時に今度は右腰に激痛が!

私「痛い!!痛い!!」

麻酔科医「え!!これも痛い??えーーーと、ちょっとまってね」

ごそごそ・・・・

麻酔科医「・・・・これは?」

今度は痛くなかったので

私「今回は大丈夫です。」

麻酔科医「(あきらかにほっとして)よかった・・・お薬いれますよ」

腰全体に暖かいものが広がっていくのがわかりました。

さっきまでズキズキしていたのが収まっていき、しばらくたつと

手術が始まりました。

麻酔科医が耳元で、こうささやきました

「さっきはごめんなさいね。今はもうお腹切っているから麻酔きいてますよ。

大丈夫。安心して。」

どれくらい足ったでしょうか・・・・

自分の感覚では15分くらい。

急に痛みが体中を走ります。

私「先生!!痛いんですが!」

先生「麻酔追加して!」

これを4回ほど繰り返しました。

最後のほうは、

先生「麻酔ちゃんときいているのか?」

麻酔科医「これ以上は・・・・」

先生「ごめんね、もうすぐ終わるからがまんして。」

鬼のような言葉です。

体が痙攣し始め、体が震え始めました。手のひらや額には冷や汗、

目には涙、体が冷たくなっていきます

先生「看護師さん、かけてあげて!」

そうすると看護師さんはアルミ?のような毛布?を持ってきて、巻けるところに

巻き始めました。

そうすると、だんだん体も暖まってきましたが、

痛みは増すばかり。

最後のほうは言葉が出ませんでした。

そして、縫合も終わり、麻酔科医の先生がぼそっと言いました。

「ああ・・・・下のほう(足)にきいちゃったんだ・・・・」

この時点で麻酔科医にはかなりの怒りが出ましたが、

ここから先がもっと大変だったのです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

明日は手術(。・ˇ_ˇ・。)

あ~とうとうやってきました。

明日は手術です。

え?誰の?

もちろん、私の・・・。

何だか、お腹の中に良くないものが育っているそうで、

開腹手術となりました。

あ~やだやだヽ(´Д`lll)ノ

なので、しばらく動けなくなるので、昨日、会社を休み

(これから長く休むと言うのに休みをとる当たりやる気がないと言われた←姑に)

子供たちと約束していた映画を観に行ってきた。

それは・・・これ↓

Dvc00226_7

これって、リメイクだったんですね。

知らなかった。

保育園の先生に言われて初めて知りました。

去年、今年とリメイクが続いているので

来年もそうなのかな?

と・・・・すると、「鬼岩城」あたりかな?

ドラえもんポップコーンを1個づつ買ってあげ←奮発しました(笑)

パンフレットも買い、いざ、映画館へ入ろうとしたそのとき

弟「おしっこ」

Σ(; ̄Д ̄ノ)ノ!!!!  忘れてた!そうそう!トイレは大事よね♪

皆でトイレへと行きます。

席に座り、予告を見て、さあ、いよいよドラえもんが始まりました!

弟「うんちぃ(っ≧_≦)っ」

母「∑( ̄Д ̄;)何と!それは大変。」

と言うことで、オープニング観れず、トイレに行きまた席に着きました。

そして、ポップコーン一口食べたら・・・

弟「・・・・またおしっこ~(;-;)」

ヵヾ──il||liorzil||li――ン!!

そんなこんなで、最初の20分殆ど見てませんが、

楽しく過ごしてきました♪

子供たちも、「今日のお母さんやさしい♪」

とぺたぺたとまとわりついてきていました。

フフフかわいい奴ラメ♪

子供たちとのふれあいも済んだので、

明日の手術+入院がんばってきま~す!

なのでしばらく更新できません。よろしくです☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

誕生日♪

今日は私の誕生日♪

年齢は・・・・・年上の方曰く、

「崖から落ちるように過ぎていく」

と言われる年代に突入しました!

崖って・・・・・こ・・・怖いですヽ(´Д`lll)ノ

朝一番に子供に「おめでとう」を言わせました。

ええ、言わせました

子供たちも恐れをなして(?)

素直に従いました(笑)

決して虐待ではないです(^^;)

そして姑+舅からサプライズのプレゼントを頂きました!

それは・・・・・

COACHの財布!!

Dvc00226_6

ブ・・・・ブランド物です。

普段持ちなれていないので、ドキドキします。

しかし、1つ気になることが・・・・

明らかに中身が少ないので、

財布負けしてますヽ(´Д`lll)ノ

ああ・・・・・

中身がほしい♪

旦那にそれとなく言ってみました。

「頑張って貯めろ!」

・・・・・・はい(涙)

旦那からのプレゼントに期待します。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

遊園地☆

先日の日曜日地元の遊園地に行ってきました☆

4月の陽気とあって暖か♪

そして・・・・珍しく(←失礼)混んでいました。

それでも、朝一番から3時まで思いっきり遊んできました♪

弟は母と一緒に乗るのが嫌になってきたようで、

「一人で乗りたい!」

「お兄ちゃんと乗りたい!」

と言うように・・・。

兄は5歳なので、比較的一人で乗れるのが多かったのですが、

弟はまだ3歳。

一人で乗れるものは少なかったのでした。

大体「5歳から一人で乗れます。それ以下のお子さんは中学生以上の付き添いが必要です」

なんですよね・・・。

いくら説明しても

「やだやだやだーーーー。*゜(PД`q゜)゜*。」

こうなったら手がつけられませんヽ(´Д`lll)ノ

兄「お母さん、弟が一人で乗れるのはどれ?」

母「えーと・・・・これと・・・これ・・・と、これかな?」

パンフレットを見せ、乗れるのを教えてあげると、

兄「行こ!」

弟の手をつなぎ、一直線にその乗り物へ向かっていきます。

そこは「フラワーカップ」

真ん中の円盤をぐるぐる回すとカップも回るあれです。

2人で手をつないでカップに乗り、ぐるぐる回します。

Dvc00227_3

兄~ヽ(´Д`lll)ノ回しすぎじゃないの??弟がぐでんぐでん(笑)

でも楽しかったようで何回も2人で乗っていました。

その後も兄は弟を2人だけで乗れる乗り物に連れて行き、

一緒に乗ってあげていました。

弟も満足したようで、何回か乗った後、

弟「今度はお母さんと乗るぅ♪」

と、笑顔が戻りました(^^*)

お兄ちゃん♪ありがとう♪

そして、子供2人+母で電車の乗り物に乗って記念写真♪

Dvc00230_4

とても楽しそうな笑顔✿ฺ →ܫ←✿ฺ

楽しんでもらえてよかった(^^*)

また来ようね♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

映画

最近、映画みたい病が発症(笑)

独身時代は1週間に最低でも1回は映画館に行って

映画を観ていた私(ちなみに一人でね♪)。

子供が生まれてからはいけず、我慢していた。

なぜか最近観に行きたくて行きたくて。

ウズウズ。

仕事サボっていこうかとも思ったけど、

そんなことをすると数日後くらいに子供が熱出したりして

休みづらくなったりする(経験談笑)

なので、じっと我慢・・・・

ああ・・・・・・でも行きたい(><)

そんなときに限って観たい映画が始まる。

ああ・・・・「パフューム」が観たい!

香水大好きっ子の私にはたまらない1品。

ああ・・・・・・

悩ましい・・・・・。

結局ビデオ出るまで待つしかないか。

今度ドラえもん映画で見に行くし・・・・

それで私の映画観たい病が治まるといいな(--;)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年3月 1日 (木)

らくがき

先日、頂いた風船を膨らましました。

その風船には絵が書いてあったのですが

しばらく蹴ったり、叩いたり、投げたり遊んでいました。

ふと、

兄「・・・・お母さん、この絵に色ぬってもいい?」

母「ん?いいよ。でも、ボールペン(兄は塗り絵をボールペンでやるのがすき)でやったら割れちゃうからサインペンでやってね」

兄「わかった!」

そうして、塗りを始めた兄。

するとどこからともなく弟も風船を持ってきた。絵が描いてあるやつを。

そして、兄のイスの下側に座ると黙々と塗りつぶし始めた。

Dvc00231_3

キュキュキュと、いい音を鳴らしながら塗る弟。

・・・しっかし、何か一言くらいあってもいいんじゃないか?(笑)

兄がやってることは僕もやる!そして兄のものは僕のもの。

と、言わんばかりの弟。ちっちゃいジャイアンだね♪

そして、

兄「できたーーーー!!」

母「どれどれ?見せてごらん♪」

兄「ドラえもーん♪」

Dvc00230_3

・・・・・いやいや、その絵、ドラえもんからかなり

かけ離れてますから!へったくそだね~

☆ミo(《≧▽≦》)oミ☆ぶははははっ!!!

しかも、物真似までしてくれて。

・・・・あれ?風船の絵と兄の顔

・・・・・そっくり?気のせい?

母「似顔絵?」

兄「違うよ~(怒◕ฺˇωˇ◕ฺ*)ムキッ!ドラえもんな・の!」

さいですか・・・・。

ところで、・・・・・

母「塗り絵するって言ってなかった?これって・・・・落書きじゃないの?」

兄「Σ(; ̄Д ̄ノ)ノ!!!!  ま・・・・間違えた!!」

母「(--;)」

マイペースな兄弟でした。

ちなみに弟は風船を真っ黒に塗りつぶし、ストーブで焦がして割ってしまいましたとさ。←火事にならなくて良かった(--;)

チャンチャン♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »