2007年10月15日 (月)

今日は孫の日♪

今日は孫の日ということで、姑がすんばらしい

プレゼントを用意してくれましたo(*^▽^*)o

そ・れ・は・・・・

「劇団四季のライオンキング!!」

もう、これはすごいとしかいいようがありませんね。

しかも、なんですか?

子守に一緒に来てくれる言うではありませんか!!

実は子供だけでなく、私たち夫婦の分も

お金出してくれてます!

もう、太っ腹としかいいようがありません!

ありがとうございますぅーーー!

(ちなみに、

姑「ライオンキングはいいわよ!一度は見に行きなさい!」

と言うので、私がとっておいたチケット代をお義母さんが払ってくれたといういきさつです。)

そして当日、早めに劇場につくと、

当日券が残っていて販売していました。

なので、お義母さんは、

姑「私も買おうかな?」

といってご購入。

その後しばらく劇場前で子供たちを遊ばせ、

Dvc00008_2

開場後中へ入ります・・・。

劇場はとても急勾配になっており、

子供たちはちょっとおびえ気味。

弟なんて半べそダッシュで逃げました(笑)

そして結局弟は客席には戻らず、

親子観劇室で観る事となったのですが・・・

ちょっと思い出して下さい。

お義母さんは「子守」で付き合ってくれたわけで・・・

私はてっきりお義母さんが「親子観劇室」へ行き

弟の面倒を見てくれるのだと思っていました。

が、しかーし。

が、しかしですよ?

さっさと席へとすわり、

(しかも自分の席は後ろの方なので私たちがとっていた席に座っていました)

姑「いってらっしゃーい(^^*)/」

私「Σ(; ̄Д ̄ノ)ノ!!!!  」

と、いうわけで第一部は旦那が、

第二部は私が親子観劇室で観てました。

でも、まあ、親子観劇室でも観れましたけどね。

その・・・やっぱり物足りない感じ。

まあ、しょうがないですね。

でもね、

子守できてくれたお義母さん。

チケット買って貰ってなんですが、

ちょっと話が違くないかい?

ってお話です。

きっと観た事があっても劇場来たら

観たくなってしまったのでしょう・・・。

でも、まあ、あのすばらしいものを観る

機会をくれたことに感謝です。

そしてあの高いチケット代を払っていただいて

感謝です。

お義母さん、ありがとうございます。

そして次回からは

お義母さんの言葉を鵜呑みにしないように

心がけます・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

嫁ってつらい(ノω・、)

嫁って損だな・・・・と、思う今日この頃。

今日はちょっとブルーです。

家で何かと肩身が狭い私。

すべてが些細なのかも知れませんが・・・・

1、テレビ権は無く、私が見ていても無断で変えられる。「見てる」と告げても無視。

2、「掃除がへたよね~(確かに下手だが・・・)」と、よく言われ、再度やるまでしつこく言われる。←手伝ってくれよ!

3、家事や、お風呂掃除をやってもらったりすると、「しょうがないからやってあげたわよ!待ってたら夕方になっちゃうからね!」やはり私の義務なのか?助け合いの精神は??

4、姑が家に帰ってきたときに食事が出来ていないと「なにやってたのよ!もう!」と、小言を言われ、その後無視・・・・

5、旦那に「どうして手伝ってくれないの?」と、言うと、「俺は外で働いてきて疲れてんだよ。悔しかったら俺より稼いでこい!」と、言われる・・・・私だって働いてきてんだよ!!!

なんか、もう、疲れちゃいました・・・・。

家出したいな~でも行くところないし・・・・

実家には帰れないしというか場所がないし・・・・仕事もあるし・・・・

子供もいるし・・・・・・

思わず子供の前で泣いてしまいました。

子供はやさしく黙って頭をなでなでしてくれました。

姑や旦那にもこんな優しさがあればいいのに・・・・

あの二人本当、そっくり。

自分勝手なところ。そして俺様王国気取り。

爆発する日も近いかも・・・・

ちなみに今晩旦那は会社の同僚と飲み会。

明日の夜は高校の友達と夜遊び。

あさっては友達の結婚式で朝帰り予定・・・・

殴ってもいいですか?って感じです。

私も飲み会いきたーーーーーーーーーーーい!!!

↑結局はこれか(笑)

・・・・・ちょっとすっきりしました(^-^*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

いやがらせ??

我が家の家族は好き嫌いが多いと思う。

もちろん、私を含め。

私は、レバーが大嫌い。ホントに嫌い。

でも、お義母さんは、レバーは体にいいから食べなきゃだめ!

といって、よく私専用のレバーを買ってくる。

体にいいから食べなさい!と、言うのはよく分かる。

だから、私も頑張って食べるが・・・・

他の人が食べようとすると、

これはママのぶんだから。

といって、1切れくらいはあげるが、後は私へ来る。

・・・・・・嫌いって何度も言っているのに・・・。

結局、残してしまい、冷蔵庫保管となる。

普段、お義父さんは冷蔵庫に残っているおかずを食べてくれるので

それに期待するのだが、

お義母さん「お義父さん、これはママの分だから食べちゃだめよ!」

と、釘を刺している・・・・

おい!何て事をしてくれるんですか(涙)

そして、涙ながらに食べさせていただいております。

そして昨日・・・・

昨夜の晩御飯はぶりの照り焼き。

お義母さんはぶりの血合いが大嫌い。

子供達「ママー、これ(血合い)食べたくなーい」

普段お義母さんがまずいから嫌い!と、言っているので

最近子供たちも嫌がり始めた。

母「だめよ!ここはとっても鉄分が多くて、栄養があるの!食べないと

血液が造られなくなって力が出なくなっちゃうよ?」

と、私が言い終えると、無言で血合い部分を私の皿にお義母さんが乗せてきた。

私「お義母さん?なに、これ?」

お義母さん「栄養あるんでしょ?しょうがないから私の分も食べなさい!」

私「いや、いりませんよ。自分で食べてください」

お義母さん「・・・・・・・・(無視)」

子供たちも血合いを食べてみて、

子供達「ばあば、大丈夫。まずくないよ?食べてごらん?」

お義母さん「もう、ママのものだからばあばは食べないの♪」

・・・・・・・なんていうのかな・・・・

自分はよくて他の人はダメというこの神経が嫌だ。

他にも私は嫌いな食べ物があるのだが(自慢できることではないのだけれど・・・)

決まって、多く乗せられる。

お義母さん「ほら!ちゃんと食べなさい!」

と、言って追加してくる。

かつ、自分が嫌いなものは私のお皿にのせ、自分は食べない。

子供の手前、嫌いだからいらないといえない。

知っててやってくる・・・・

恐るべし姑。

負けるもんかーーーーー!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ちょ・・・ちょっとぉー(汗)

今朝、とてもあせったことがありました。

それはお義母さんの発言。

今、我が家のサンタさんはおお焦り。

なぜって?

弟が欲しがっている商品がどこも売り切れ(汗)

困ったことになりました。

インターネットでは見つけたのですが、どう考えても、間に合わない。

なので、地元で探すしかないのです(泣)

なので、最悪の事態を避ける為、弟にそれとなーく、聞いてみました。

母「ねえ、何が欲しいんだっけ?」

弟「アンパンマンのトントン!http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002UAN3M

母「ん~もし、だよ?サンタさんが、他には?って聞いてきたら?どうする?」

弟「やだ。」

母「だよね~?・・・・・でも、でも、サンタさんが、重いよ~(汗)運べないよ~(汗)って困ってるかもしれないよ?」

弟「んーー・・・・・・・(考えてる)」

義母「弟ちゃん、商品ないんだって。在庫切れ。だから、売ってないの。他のにしなさい」

母∑q|゚Д゚|pワオォ!!

母「ちょ・・・ちょっと、お義母さん!!!!(汗)」

兄「Σ(・ω・ノ)ノ!!サンタさんも買ってくるの???」

母:<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!ど・・・・・どうしたらいいんだ!?考えろ・・・考えろ・・・子供の夢を守るには・・・・・ノオーーー思いつかない(汗)

義母「当たり前じゃない。」

母「ш(´[]`)шオーш(´[]`)шマイш(`[]´)шガーお義母さーーーーん!!シーーー(`!´)←子供から見えない場所でやりました」

兄「そっか・・・・・」

やばい・・・やばい・・・・何か悟ったか??

弟「じゃあ、リュウケンドーでいいや♪あ、でもやっぱりリュウガオー。あ!でもやっぱり・・・サンタさん!」←お気楽息子

母「さ・・・サンタさん?」

弟「うん!恐竜持ったサンタさん!」

母「なんじゃそりゃ・・・・」

と、いうわけで、結局決まらなかったわけですが、何でもよさそうです(^^;)

それよりも、考え込む兄・・・・

やばいぞ・・・やばいぞ・・・・何か悟ったか?

お義母さーーーーん!!もう少し発言に気をつけてくださーーーい(怒)

フォロー大変なんですから(涙)

お願いしますよ(泣)

帰ってからも憶えてるかしら・・・・?

忘れてますように・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

嫁 vs 姑

先日、ちょっと(かなり?)むかついたことがあった。

同居をしている私は、お姑さんと同じ車庫を使用している。

雨がひどく「小降りになったら出よう・・・」と、思い車の中で待っていたら

後ろからお姑さんが帰ってきた。「あ~帰ってきたな・・・」

と、思っていたらガタガタガタ・・・。車が揺れている!!やめて~!!

と、思いつつも、雨がすごくて窓も開けられず、車の中で泣く泣く待機。

やっと小降りになったので子供をかかえ家の中へ。

「おかあさん!!車ぶつけたでしょう!?」と、聞くと、

「私がぶつけるわけないでしょう!!気のせいよ!!」と、逆切れ。

次の日、雨も上がり、見るとそこには・・・・・

おもいっきり傷だらけの愛車が・・・・(ToT)

「やっぱりぶつかってたよ!!」と、いうと姑はこう言った・・・

「え~私の(姑の)車が傷ついたってこと??ショック~!!」

きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡違うだろーーーーー!!

「傷つけられたのはわ!た!し!(の車)」と言ってやったら

「そんなことより私の車が傷ついてことの方が大変よ!!ρ(`D´#)もぉぉっ!」

と、分けのわからない逆切れ。あきれてものも言えない・・・。

結局その件について一度もあやまってもらってない・・・。

カンカンカンッ・・・ ¶ゞ(; ̄д ̄)ノ☆=♀

世の中の嫁姑はこんなに理不尽なのでしょうか??

誰か教えて~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)